金剛筋HMBは1日に飲む粒数は決められているのでしょうか?

最近ではダイエットサプリ、美肌サプリ、健康サプリなど様々なサプリが販売されており効果的に自分の悩みをカバーしてくれると毎日飲んでいる人も多いですよね。

どのサプリでも1日飲む粒数は決められていますが、金剛筋HMBは1日に飲む粒数は何粒なのでしょうか?

また、もし飲み過ぎてしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?金剛筋HMBの正しい摂取量を知って、健康的に筋肉をつけていきましょう!

>>金剛筋HMBの詳細を確認する

1日に飲む粒数は6粒~10粒まで

金剛筋HMBの公式サイトにも明記されていますが、金剛筋HMBの1日の飲む粒数の目安は6粒で最大10粒まで飲むことができます。

標準体重で、トレーニングの量も普通程度であれば、金剛筋HMBを飲む粒数は6粒でも十分に効果が出るのですが、体が大きい、もしくは激しい筋トレを行う人の場合だと目安の6粒では効果に物足りなさを感じることも…

自分の体格やトレーニングの量に合わせて、金剛筋HMBの飲む粒数を6粒~10粒の間で調整して、自分のベストな飲む粒数を見つけてくださいね!

まだ基準がよく分からない人は目安の6粒から始めましょう。

過剰摂取は絶対ダメ!飲み過ぎるとどうなるの?

サプリを飲むことがまだ習慣づいていないとつい飲み忘れをしてしまうこともありますよね。

飲み忘れた分を補うために、たくさん金剛筋HMBを飲んでしまう人もいますが、もし飲み忘れてしまっても、必ず飲む粒数は6粒~10粒にしてください!

目安の飲む粒数を大幅に超えると、成分効果が出過ぎてしまい、筋肉が増えるどころか吐き気や頭痛、下痢などの副作用を起こす危険性があります。

もっと筋肉を早くつけたいと過剰摂取するのも同様に副作用を起こす恐れがあるので、必ず金剛筋HMBを飲む粒数は1日6粒~10粒を守るようにしてくださいね。

男性も女性も飲む粒数は一緒?

金剛筋HMBは飲む粒数は目安6粒~10粒とされていますが、性別関係ない飲む粒数を変えなくてもいいのでしょうか?

基本的には金剛筋HMBの飲む粒数は、性別によって変える必要はありません。

ただし、男性の方が比較的に体が大きい人が多いので、飲む粒数を目安の6粒ではなく、9粒~10粒にされるほうがより効果を感じやすいのは事実です。

大事なのは性別ではなく、体の大きさと筋トレの量なので、飲む粒数は規定量の中で自分の体の様子を見ながら調整していきましょう。

飲む回数を分けたほうが効果の実感力アップ!

金剛筋HMBは摂取する時に一度に一気に飲んでしまうよりも分けて飲んだほうがより吸収しやすくなり、効果が出やすいと言われています。

目安の6粒で始めるのであれば、トレーニング前に3粒、トレーニング後に3粒と分けて飲むようにしましょう。

トレーニングをしない日は、食後に飲むことでトレーニングによってダメージを受けた筋肉の修正を早めてくれるので、朝食後2粒、昼食後2粒、夕食後2粒と飲むようにしてみてくださいね。

金剛筋HMBを正しく飲んで、理想の肉体を目指しましょう!

どんなサプリでも正しい飲み方を知らないと効果が出ないだけでなく、副作用を起こす危険性もあります。

金剛筋HMBの目安の飲む粒数や飲み方をきちんと理解しておくことで、健康的に憧れの肉体に近づけることができるでしょう。

お得に金剛筋HMBを購入するには、公式サイトから利用できるメタルボディコースは初回は定価の94%OFFで買うことができるお得な定期便があります!

これから金剛筋HMBを申し込む人は公式サイトからメタルボディコースを申し込んでくださいね!