商品を買ったはいいけれど、使い方がわからない…。なんてことありませんか?

商品を買う前に効果的な使い方をチェックしておくと、はじめから楽に使いこなすことができますよね。金剛筋HMBも、購入前に使用方法をチェックしておくとより効果的な使い方ができる可能性があります。

金剛筋HMBでポイントになるのが、飲むタイミングです。飲むタイミングによって効果が変わるといっても過言ではないほど大事な部分になるので、しっかりとみていきましょう。

>>【ロナウジーニョ愛用】金剛筋HMBの詳細を確認する

金剛筋HMBを飲むタイミングとは

では早速金剛筋HMBの飲むタイミングを調査していきます。

筋力アップ効果のあるサプリは、種類によって飲むタイミングが異なります。

トレーニング前に飲むのが良い場合もあれば、トレーニング後に飲む方が効果的なものもあるのです。

金剛筋HMBには筋力アップの強い味方となるクレアチンも含まれているため、飲むタイミングが掴めないという人も少なくはないのです。

金剛筋HMBは1日に6粒飲むことが標準の目安量とされています。

そのため1回で6錠をいっぺんに飲むのではなく、小分けにしても良いのです。

一番効果的とされる飲むタイミングは、ズバリ筋トレや、トレーニング前です。

特に筋トレの30分前に金剛筋HMBを摂取してからトレーニングに入ると、より効果的です。

金剛筋HMBに含まれる成分の多くがアミノ酸に分類されるのですが、アミノ酸は身体に吸収されやすい性質をもっています。

そのため筋トレ前に摂取することで、筋トレの効果を高めてくれます。

筋トレとまではいきませんが、通勤時に自転車を利用している方や、走っているという方は、出勤前に摂取することも良いですね。

筋トレやトレーニング前に摂取をして、小分けに飲むのであれば、次に飲むタイミングは筋トレ後がおすすめです。

筋トレを行うと筋肉が傷つき、修復を行う過程の中で筋肉が発達していきます。

この筋肉の発達をサポートするといった意味で、筋トレ後の摂取も有効とされるのです。

また金剛筋HMBは錠剤なので、水さえあればいつでもどこでも飲むことができます。

筋力アップ効果を狙いプロテインを飲んでいる方も多いと思いますが、シェイカーが必要であったり、飲む場所を選ぶ部分がありますよね。

時間をかけずにササッと飲めるのは、断然錠剤です。

金剛筋HMBの飲む量

金剛筋HMBの飲む量は1日につき6錠が標準目安量という話を上記でしました。

しかし公式サイトによると1日に6錠~10錠までなら摂取しても問題はないようです。

ただし10錠飲む場合はハードなトレーニングをしている方です。

さらに言うと女性が摂取する際は3~4錠を目安とし、1日の中で小分けにして飲むと良いでしょう。

金剛筋HMBに限らず、HMBの摂取目安量というのは決まっています。

1日1000㎎~3000㎎とされているため、幅がありますが、これはハードなトレーニングをするか、それとも軽めのトレーニングをするかによって摂取量が異なる部分があるということです。

自分がどれくらいトレーニングをしているかを考え、決められた範囲内で摂取するようにしましょう。

またこの基準量を超えて摂取したからといって、効果が増すわけではなく、過剰摂取は危険を伴うので、決められた量を守るようにしましょう。

また、金剛筋HMBは飲んですぐに筋肉がムキムキになるものではありませんが、トレーニングの前後に摂取することで筋肉のサポートをしてくれます。

その効果が目に見えてわかるようになるのは1ヵ月後とされています。

金剛筋HMBは1袋で約1ヵ月分となるので、1袋飲み終える頃に変化が表れることでしょう。

毎日のトレーニングのお供に欠かせないアイテムとなりそうですね。

金剛筋HMBの飲むタイミングをチェック!:まとめ

金剛筋HMBの飲むタイミングを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

様々なサプリが販売され、色々な飲み方が存在しますが、金剛筋HMBの一番効果的な飲み方は筋トレ前です。

人によっては摂りいれやすいタイミングは異なるかもしれませんが、一度意識して飲んでみてはいかがでしょうか。