薬を飲むときに必ず「用法、用量を守りましょう」という内容が記載されていますよね。用法、用量を守るということは、その薬を飲むにあたり守らなければならない大切なことです。

サプリは薬ではないので、そのような注意書きはないこともありますが過剰摂取は好ましくありません。いま話題となっている金剛筋HMBも同じです。

金剛筋HMBはサプリですが、1日に飲む量は決まっています。サプリのもつ効果をより実感するためにも飲む量を知っておきましょう。金剛筋HMBの1回に飲む量はどれくらいなのか、1日に飲む量はどれくらいなのかをみていきましょう。

>>【ロナウジーニョ愛用】金剛筋HMBの詳細を確認する

金剛筋HMBの飲む量を知っておこう

では早速金剛筋HMBの飲む量を見ていきましょう。

ポイント1:1日に飲む量
金剛筋HMBは男性の場合6粒~10粒が1日に飲む量となります。

標準的な男性で6粒が目安となり、ハードなトレーニングをする男性は10粒が目安となります。

女性の場合は3粒~4粒が目安とされています。

金剛筋HMBは飲めば飲むほど効果が出るわけではありません。

1日に必要なHMBの摂取量は決まっているので、それを超えてしまうと過剰摂取となってしまいます。

安心して飲むためにも、決められた飲む量は必ず守るようにしましょう。

ちなみに1日に1000㎎~3000㎎のHMBを摂取するのが好ましく、金剛筋HMBは1粒に266㎎のHMBが含まれているということをおさえておきましょう。

ポイント2:1回に飲む量
金剛筋HMBの1回につき飲む量はとくに決められていません。

飲む時間帯も定められていませんが、効果がでやすいのは筋トレを行う30分前に飲むということです。

筋トレやトレーニングを毎日行っている方は、筋トレを始める30分前に飲むことでビルドアップ効果が出やすくなり、体力の回復効果などに期待がもてます。

または、自転車通勤などの体力を使う方法で通勤している方などは、通勤前に飲むこともおすすめです。

運動をする前に飲むことで、筋肉の分解を防いだり、筋肉の損傷を抑える効果があります。

1回につき飲む量は決まっていないので、愛用者の声をみていると1日2回や3回に小分けして飲んでいる方も多いようです。

その場合、なるべく食事中は避け、筋トレ前もしくは筋トレ後に飲むことがおすすめです。

トレーニングのサポートをしてくれるサプリということを第一に考え、“飲むときは運動と共に”というのを覚えておくと飲み忘れなどを防げるのではないでしょうか。

金剛筋HMBを飲んで得られる効果とは

金剛筋HMBの1日飲む量を守りながら摂取していくと、どんな効果が現れるのでしょうか。

金剛筋HMBは1袋で約1ヵ月分となりますが、だいたいこの1ヵ月分を飲み終わる頃に効果を感じる方が多いようです。

「トレーニング前に飲むことで気合が入る」といった声や、広告を勤めるロナウジーニョは、「金剛筋HMBの効果が思ったよりも早くでている」と自らのインスタグラムでコメントしています。

他にも「トレーニング後に飲むことで体力の回復が早くなった」や「疲れにくくなることで次のトレーニングもしやすくなる」といった効果を感じている方もいます。

また「筋肉量が増した」、「肌のツヤもよくなった」という効果を感じている方もいます。

ビルドアップだけではなく、代謝があがり体調が整うことや、それにより肌の調子も良くなるという効果を実感できている方がいるので、女性にも勧められるのはその部分も影響しているのでしょう。

基礎代謝があがれば、痩せやすい身体作りができ、ダイエット効果にも期待がもてますよね。

金剛筋HMBの飲む量はどれくらい?:まとめ

金剛筋HMBの1日に飲む量、1回に飲む量を見てきました。

定められている量はありますが、その量の中で自分の体調や体質に合わせて減らすことは可能です。

過剰に摂取しても効果がアップするわけではないのでその部分はきちんと守るようにしましょう。

金剛筋HMBの公式サイトには詳しい成分や飲み方の記載もあるので、ぜひチェックしてみてください。