最近では食の安全性、危険性に敏感になっている人が多いですよね。あなたはどうですか?食品の成分表記を気にしたり、安全性や危険性を把握したうえで購入するようにしていますか?

私自身そこまで危険性を気にしている方ではないと思っていましたが、つい最近アイスを購入した際に「遺伝子組み換えの大豆が混じっている可能性があります」という表記をみつけました。

そこで改めて、食の安全性、危険性というのを考えるようになりました。サプリメントは食品に分類されるため、金剛筋HMBは食品ということになります。

金剛筋HMBに「遺伝子組み換え~」という表記はさすがにないと思いますが、それでも体内に摂りいれるものなので危険性がないかどうかは知っておきたいですよね。金剛筋HMBを安全に摂取するためにも、リスクがないのかどうかを見ておきましょう。

>>金剛筋HMBの詳細を確認する

金剛筋HMBに潜む危険性とは

では早速金剛筋HMBに危険性があるのかを見ていきましょう。

あなたは何をもって危険だと判断しますか?

金剛筋HMBはサプリなので、身体に害がないか、副作用が起きないか、危険な成分は入っていないかということになるのではないでしょうか。

今回はその3点に注目して危険性を見ていきましょう。

金剛筋HMBの愛用者の声を見てみると、「副作用があった」という声はあまり見受けません。

しかし中には「全身に痒みがでてしまった」という方もいます。

金剛筋HMBに含まれている成分が身体に合わなかったか、もしくは飲んだときの体調が良くなかった可能性もありますね。

また、金剛筋HMBには「クレアチン」という成分が含まれているのですが、このクレアチンの成分が副作用として表れる方もいます。

クレアチンは金剛筋HMBにだけ含まれているわけではなく、筋力アップ目的としたサプリメントに含まれていることが多いのです。

クレアチンは筋力の増加や、筋肉量の増加効果などがあり、私たちが普段食べている肉や魚から摂取できる成分でもあります。

しかし過剰に摂取してしまうと尿の量が増えることがあったり、筋肉がつりやすくなったり、お腹が緩くなることがあります。

これはあくまでも一時的に多量に摂取した状態、過剰摂取で起こる可能性があるというレベルのものです。

命に関わる危険性はありませんが、それでも過剰に摂取することは身体に害になり、副作用を起こしやすくしてしまうことがあります。

体質による部分もありますが、金剛筋HMBの容量をきちんと守っていれば危険性はないと判断して良いでしょう。

女性が飲んでも平気なの?

金剛筋HMBは男性が飲むものというイメージが強いと思います。

しかし女性でも愛用者が多く、筋肉ムキムキになるというよりも、身体をしっかりと絞り筋肉をつけながら体重を落としていくという健康的なダイエットサポートアイテムとして使用している方がいるのです。

女性が飲んでも危険性はないのかどうかですが、女性の身体に危険となる成分は含まれてはいません。

女性が飲む場合は、1日の摂取量を3~4錠にすることが公式でおすすめされています。

女性は男性よりも、男性ホルモンが少ないので金剛筋HMBを飲むことで、いきなりボディビルダーのようなムキムキな状態になることはなく、ゆるやかに筋肉がついてくるというのをイメージして使用するのが良いでしょう。

金剛筋HMBの危険性とは?飲む前に知っておこう!:まとめ

ここでは金剛筋HMBの危険性を見てきました。

身体に害はないか、副作用はないか、危険な成分は入っていないかという部分での危険性を見てきましたが、どれも取り立てて危険だと感じるものはありませんでしたね。

女性も飲めるということからも安心された方もいるのではないでしょうか。

金剛筋HMBは用法、用量をきちんと守り、健康的に使用するようにしましょう。